小野寺 恭子

1975年仙台市生まれ。

高2の時アメリカ・シアトルにロータリー青少年交換留学生として1年間留学。

上智大学フランス文学部卒業後、仙台の広告代理店に入社。

1999年から東北大学加齢医学研究所 分子発生研究分野秘書、2000~2006年同研究所所長秘書として勤務。2007年東北大学学際科学国際高等研究センター研究支援者を経て、2010年NPO法人東北臨床腫瘍研究会で事務局を担当。がん関係の市民公開講座の企画・運営、第11回日本臨床腫瘍学会学術集会受託関連事業、臨床試験登録業務など多数の事業に携わる。

2015年3月、仙台で行われた国連世界防災会議会場通訳スポット入職。

2016年から仙台市内の高度不妊治療専門クリニックに理事長秘書・通訳として在籍中。

 

2005年にトランスワード翻訳技術基礎・自動車コース通信講座を受講。2016年に、仕事をしながら講義を受講しAIPE認定知的財産アナリスト(コンテンツ専門業務・第8期受講)を取得。東北経済産業局主催 知財経営セミナー[必須!基礎コース]ならびに応用コース修了。芝浦ビジネスモデルコンペティション・テクノロジー部門ファイナリスト(特許専門のアナリストと組んで応募。該当発表タイトル:『「高強度と高耐食性を有するアルミニウム合金材及びその製造方法」技術の可能性―カーボンミニマム型循環・マッチング市場の算出と検証―』)。

WE SCHOOL受講をきっかけに、2017年1月「東北をもっと語学が活かせる社会にしてみたい」想いからCTBをつくる。

 

★★★
どうしたら情報を相手に伝えられるか、広告も翻訳も秘書も「伝達」するという共通軸の仕事をしてきたので、工夫しながら、常に相手の立場に立つことをテーマとしています。

 

◇保有資格
TOEIC905、仏検準2級、AIPE認定知的財産アナリスト(コンテンツ)、WTFテコンドー世界連盟初段、国内旅行業務取扱管理者、甲賀流忍者検定初級

◇所属学会

日本国際観光学会 正会員

日本国際観光学会 観光への知的財産権活用研究部会  部会員(略称:JAFIT-TUIP)